前腕部分の内側にしこりが!! 癌かなぁと心配になった件

彼女の、前腕部分の内側にしこりができてしまいました。

私はネガティブ思考の人間ですので、しこりが出来ただけで「癌なのかなぁ」と心配になってしまう始末。

お願いだからと!!近くの内科、外科をやっている診療所に行くことをすすめ、行ってもらうことにしました。
腕のしこり

最初の診断では

診断は、「リンパが腫れているんじゃないですかねー」とのことでした。

抗生物質を処方してもらったようですが、私は「本当に腫れかよ!!」て疑っていました。
※「こうせいぶっしつ」なんですね「こうせいぶしつ」だと今日まで思っていました。wikipediaで今調らべて、初めて知りました。

抗生物質(こうせいぶっしつ、英語: antibiotics)とは、微生物が産生し、ほかの微生物など生体細胞の増殖や機能を阻害する物質の総称[1]。一般に「抗菌薬(英語: antibacterial drugs)」と同義であるが、広義には抗ウイルス剤や抗真菌剤、抗がん剤も含む。

1990年頃には、天然由来の抗生物質は5000~6000種類があると言われ、約70種類(微量成分を含めると約100種類)が実用に使われている。この他にも半合成抗生物質も80種が利用されている。

引用元:wikipedia

抗生物質を飲んでからの経過

5日分処方してもらい、薬を飲み続けること5日目ぐらいで、少しは小さくなったようです。
私も少しは「癌」という最悪の事態から少しは頭から離れるようになりました。

ですが、心配なので小さくなったしこりを、再度医者に行って見てもらうことに!!
診断は「大丈夫だと思いますが、心配なら大きな病院で見てもらいましょう」とのこと。
ということで、1週間後大きな総合病院の整形外科でみてもらうことに。

大きな病院で見てもらった結果

大きな病院で見てもらうと決まってからの、1週間で徐々にしこりが小さくなってきました。
さらに安心は高まりましたが、油断は禁物ですので、実際に見てもらう日になりました。

診断はやっぱり「リンパが腫れているだけでしょう」とのこと。
さすがに「癌」という事態から頭が離れ安心しました。

最後に

私の性格上、身体に何かおきると、最悪の事態を考えてしまうようです。今回の「しこり事件」でさらに実感し、しこりが出来てから、2回目の診断結果がでるまで、心配でそのことばっかり考えてしまう毎日でした。

後から知ったのですが、しこりが出来た場合は整形外科に行くといいようです。
あともっと正確な診断を受けるには「CT」で見てもらわないと判らないようです。

でも今回は小さくなって、ほぼ完治しましたのでこれでよしとします。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

さいたま市の中古家具・家電の買取販売店「リサイクルショップ宝島」で店員をやってます。 パソコン、Web 大好き人間です。 中古家電、家具の販売買取は当店まで。 店内の様子はこちらから!!
新生活セット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする