リサイクルショップの店員が教える。中古 洗濯機の選び方

リサイクルショップで中古の洗濯機が欲しいけど、どれを選べばいいかわからない。
たくさんあるけど、どのメーカーの商品を選べばいいのか?

今回は中古洗濯機の選び方を、リサイクルショップの現役店員が教えます。

メーカー選び

まずはメーカー選びから。

中古の洗濯機を買ってもすぐ壊れてしまっては、新品を買った方がよかったと後で後悔するだけです。

絶対に壊れない洗濯機はありません。しかし、どんな洗濯機が壊れにくいのか?

まずはメーカーを大きく3つに分けて比較してみました。

当店のリサイクルショップでは1万円以上の洗濯機は半年の保証。
1万円以下の洗濯機は3ヶ月の保証をつけて販売していますが、やはり何台かに1台は保障期間内に壊れてしまう場合があります。

国内メーカー パナソニック 東芝 日立 シャープなど

 

国内メーカーの良い点 使用している部品にお金をかけているので、故障が少ない。

国内メーカーの悪い点 コストが高いので、販売価格が割高。

国内メーカーだからといって、絶対に壊れないわけではありませんが、故障の確立は低く感じます。

外国メーカー ハイアール アクア 大宇(DAEWOO) ハイセンス エスケイジャパン

 

外国メーカーの良い点デザインに優れている。価格が安い。

外国メーカーの悪い点使用している部品が安いので、故障、プラスチックの破損などが多い。

安いプラスチックを使用しているものもありますので、ヒビが入ってしまったり、電気系統の故障も国内メーカーとくらべると高いです。

PBプライベートブランド ヤマダ HerbRelax ノジマ エルソニック

 
PB洗濯機

PBの良い点 国内メーカーが設計したデザインや構造を使用しているので故障も比較的少なく、販売価格も安い。

PBの悪い点 量産タイプなので、単機能でデザインが選べない。

使用頻度のポイント

前のオーナーがどのくらい使用していたかは実際にはわかりませんが、あるポイントを見るとこんな使い方をしていたのかな?というのが見えてきます。
使用頻度が多い洗濯機の方が壊れる確率も高くなりますので、確認するのは重要です。

1.年数


年数が新しいほど使用頻度は少なくなります。ほとんどのリサイクルショップで商品ポップに年数が記載されています。
まずは年数を確認しましょう。

2.糸くずフィルター

糸くずフィルター
糸くずフィルターの状態が悪いほど洗濯機を回した回数も多かったと思われます。※フィルターを新品に交換している場合があります

3.パールセーター・槽の縁

槽の縁パールセーター
たくさんの衣類や、硬い生地の衣類などを頻繁に洗濯すると、パールセーターや槽などに傷が付きます。よく覗いて見てみると・・・
パルセーターや洗濯槽の縁は必ず確認しましょう。

まとめ

壊れにくい洗濯機を購入したいなら、「国産メーカー・新しい年数の洗濯機・洗濯槽の中を確認して状態の良いもの」この3つを意識して購入するようにしましょう。

だけど、この3つが揃っているとお値段が高い場合が多いです(笑)

あとは予算との相談でしょうか!?

中古の洗濯機を購入するときは、この記事で紹介したポイントは必ず確認してください。

当店でも洗濯機の販売はしております。常時10台以上そろえていますので、お近くのかたはご来店下さい↓
LINKリサイクルショップ宝島 店内の様子はこちらから
新生活セット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする