リサイクルショップ店員が教える2ドア冷蔵庫の選び方

こんにちはリサイクルショップ店員のyosidaです。
本日は2ドア冷蔵庫の選び方を紹介します。
LINK当店の店内の風景はこちらから

失敗しない選び方

2ドア冷蔵庫は、上に冷凍庫がついている場合や、下に冷凍庫がついている場合があります。

冷凍食品やアイスを毎日食べるような方は上部にあった方が、身をかがませないで食品を取ることができるので便利です。
逆にそれほど頻繁に冷凍食品を食べない方は下部にあっても気にならないでしょう。

今、話した事は、見た目で自分の生活をイメージすれば誰でも思いつく事ですが、実際、使用してみないとわからない事もあります。

霜取り装置付き


冷凍庫内に通風孔がついているタイプが霜取り装置がついている商品です。

霜取り装置無し


冷凍庫内に通風孔がありません。霜がついていますね。

霜取り装置

実は霜取り装置がついていないと、冷凍庫内に霜が増えて、庫内の容量を減らしてしまったり、庫内の食品を冷やすための冷却装置の効率を悪くしてしまって、消費電力が余計に掛かってしまう、何てこともあるんです。

それと、増えた霜を取るには、一度、冷蔵庫をストップさせないと駄目なんです。

霜が溶けるのを待って水分をぬぐってからもう一度、電源を入れ直すんです。

気が短い人は先の尖ったもので霜をガリガリなんて事をしたら、庫内をキズつけて、時には銅管をキズつけて、冷蔵庫が冷えなくて処分なんて事も実際あります。

ですから、新品で冷蔵庫を買う場合も一緒ですが、値段は張るかもしれませんが、霜取り装置つきの商品をお薦めします。

新生活セット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする