【僕がうつ病になった原因】長時間労働と仕事のストレス 姉の死 

今から10年前ぐらいの僕が25歳の時の話です。

その時僕は、ファミリーレストランで店長をしていました。

同期の同僚などは、ファミレスのハードな仕事に耐えられず辞めていったり、うつ病になり退職したものもいました。
同期の9割が退職している中、退職しないでファミレス業界に生き残っている自分は、凄く強い人間だと思っていました。

年収も今の2倍近くあったし、自分はどれだけ働いても、大丈夫だ!!強い人間だ!!って思って、かなり調子に乗っていました。
 

仕事はハードでめちゃくちゃきつかったけど、それなりに責任ある職務につき、充実していたような気がします。

そんな時に、僕の人生の中で1番の衝撃的な事件が起きました。

そしてこの事件が起きるまでは、今思うとカッコ悪いですが、俺ってすげーって思ってましたから・・・
 

姉が自殺した

それは日曜日でした。
その日のシフトは9時から24時のハードなシフト。

いつも目覚ましを8時15分にセットして、すぐに仕事にいくのですが、その日は突然の電話で起こされました。

最初は、お店でまた問題でもあって、呼び出しの電話かと思い「めんどくせーなー」と思って電話を出てみると、お店からので電話ではなく、母からの電話でした。

もしもし・・・お母さんだけど・・

うん。何(眠)

朝の寝起きが母の電話なんて、その頃の僕は、母の存在が結構面倒くさい存在だったので、
何だよ!!朝っぱらから!!面倒くせなーと思ってぶっきらぼうに電話にでました。

あのね・・・

何だか言いにくいことがあるのか、モジモジしている母がいました。
僕は寝起きと言うこともあり、モジモジしている母にかなりイラつきました。

何だよ!!もう仕事に行かねーと行かないんだから早く言えよ!!

結構イライラした口調で言ったのを覚えています。

あのね・・お姉ちゃんが死んじゃったの・・・

最初、何冗談言ってるんだよって思いましたし、理解ができませんでした。
だけど深刻そうに言っている母がいましたので、冗談ではないとすぐにわかりました。

そして僕は母に理由を聞きました。

なんで?事故?

母は凄く言いずらそうでした。
少し間が空きました。

自殺しちゃったの・・・

電話越しの母は、少し涙を流しているような声で言いました。
そして母の言葉を聞いた瞬間、僕は固まりました。

意味がよくわからなく、理解に苦しみました。
その瞬間は、特に悲しいという感情はなかったのを覚えています。

放心状態そんな感じでした。
 
そして時間は8時30分近くになっていました。

そんな時に「やばい遅刻する!!」そんなことが頭に浮かんだんです。

「お姉ちゃんが死んでしまった」
そんな知らせを聞いた後なのに、「早く仕事に行かないと」って思っている自分がいました。
 

俺、仕事に行かないと行けないから、ごめん電話きる

そんなことを言って電話を切り、急いで仕事場に向かいました。

車を運転中に少しずつ涙が出てきました。 

だけど仕事を休んで、親に会いに行こうとか、そんな考えは少しも浮かばず、

「僕がいないと店が回らない」

そんな気持ちがだけありました。

仕事場

仕事にはギリギリ間に合い、涙目の状態で仕事を始めました。
幸いその日は、ホールに出ないシフトでほとんど1日キッチンでした。

ずっと涙目で多分仕事をしていたと思います。

夜21時になり、21時から仕事のパートさんが、涙目の僕をみて「どうしたの?」て声を掛けてきました。

お姉ちゃんが、自殺したことを話すと、
「なんでこんなところで、働いているの!!早く親のところに行きなさい!!お店のことはなんとかするから」
と言われ、少し早めに仕事を上ることにしました。

実家に向かう

僕の実家は茨城県の古河市にあります。

その時は上尾市のファミレスに勤務していたので、夜だったら1時間ぐらいでいけるぐらいの距離だったのですが、途中で車がパンクしました。

こんな急いでいるときにパンクなんてと思ったのですが、不幸中の幸いか夜22時を過ぎていたのですが、近くのガソリンスタンドでタイヤの交換をしてくれることに。

今思うとパンク修理はできなかったのかと思うのですが、何故かタイヤの交換をしました。なんでだろ・・

タイヤの交換が終わったのが夜中1時すぎで、その後家に向かいついたのは深夜2時ちょい前くらいでした。
自宅の鍵は持っていたので玄関まで入ったのですが、家中寝静まっていて今から起こす勇気もなく、僕は書き置きを残し、上尾の自宅に戻ることにしました。

書き置きにはたしか「元気を出して」的なことを書いたと思います。

なんて、書いていいかわからず、元気を出してと書いたような気がします。

それからが地獄だった

それからの日々が地獄でした。

悲しみは日に日に増していきました。

一番辛かったのは、夜眠れなくなったことです。

長時間労働の後、疲れ切った体でも眠れない。

少しも眠れないわけではありませんが、睡眠が浅いし、眠れたとしても5時間ぐらいでした。

そしてその時よく見た夢が、

母親が崖から落ちる夢 

この夢を何度もみてうなされました。

食欲がなくなり体重が10キロ近く減少し、50キロぐらいになりました。

会社を退職

精神的にも、肉体的にも限界が僕におとずれました。

今考えても、あの時のことは恥ずかしいのですが、唐突に自分のお店のシフトから抜けました。

医者に相談して、「仕事できる状態ではない的な」診断書を書いてもらい、

ことを上司に報告して、お店のアルバイトなどには説明せず、仕事を放棄しました。

その後1ヵ月後ぐらいに、一度お店に顔を出しましたが、特に何故こうなったか、アルバイトの人達には説明はしないで、会社を辞めました。

退職後

退職後も眠れない日は続きました。

寝る前など、暑いわけじゃないのに、手や足の裏から異常に汗が出たり、手が震え出したり生きているのが何故か怖い日々が続きました。

医者に相談した結果、カウンセリングをある一定の期間していかないと、正確な病名はわからないといわれましたが、「自律神経失調症」か「うつ病」の可能性もあると言われ「デパス」を処方されました。

なんだか凄い怖い気持ちになりました。

姉は「うつ病」が原因で自殺しました。
そして僕も「死を意識」するようになりました。

薬は1ヶ月程飲み続け、飲むと気分が安らぐ感じにはなりましたが、薬を飲んでいる自分にが怖くなったのと、薬を飲めば飲むほど、一生飲みつずける生活になる気がして、1ヵ月後医者に相談するでもなく、勝手に薬を飲むのをやめました。

それから、1年程定職にはつかないで、職業訓練や、アルバイトなどをして過ごしました。

手や足の汗や、手の震えが続きましたが、1年後ぐらいから幸い症状が和らぎ、その後なんとか定職につき、今は完全復帰(多分)しています。

僕がうつを治すきっかけとなった、職業訓練について書いた記事↓
こちらもよかったらどうぞ!!
LINK【うつ病で会社を退職した人へ】 職業訓練に通ってみませんか!!

最後にこの時の自分に言いたいこと

ご飯を普通に食べて、ある程度睡眠をとっていれば、「元気でいられる」と僕はこの時まで思っていました。
月間300時間以上働いていても、余裕だった自分が、きっかけがあったとしても「鬱」になり、人間の弱さをこの時知りました。

12年前の自分に会えるなら言ってやりたいです。

「あんまり調子に乗んなよ!!人間って弱いからな」

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

さいたま市の中古家具・家電の買取販売店「リサイクルショップ宝島」で店員をやってます。 パソコン、Web 大好き人間です。 中古家電、家具の販売買取は当店まで。 店内の様子はこちらから!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする