緑内障になる可能性がある?年に1回の目の定期検診に行って眼底検査をしてきた話

今回は目の定期検診に行ってきた話です。

4年前ぐらいに、前の会社で定期検診でひっかかってから、毎年、目の検査をしています。
理由は、その時医者に、緑内障になる可能性があると言われたからです。

毎年視野検査をしているのですが、今年は眼底検査も受けてきました。

なぜ緑内障に?

緑内障の検診に、おが・おおぐし眼科に行ってきました
なぜ緑内障になると言われたかは、専門的な知識がないので上手くは説明できませんが、
左目の目の奥の細胞の厚みが薄いところがあるようで、
このような状態にある人は、将来的に緑内障になるケースがよくあるとのことだそうです。

眼底検査

眼底検査とは瞳孔を通じて眼球内の網膜、視神経乳頭などを検査することをいいます。
簡単に説明すれば、瞳の奥の細胞をみる検査です。

この検査をするにあたり、瞳孔が開く、目薬をさすのですが、これをさすと5時間ぐらいは瞳孔が開いた状態になり、光が眩しく見えたり、近くの物が見えなくなったりします。

3回目ですのでこのような状態になることはわかっていたので、今回の定期検診は自転車で来ました。
ちなみに目薬をさして3時間後の写真ですが、まだ瞳孔が開いています。
目のアップが怖い・・・・
眼底検査 目薬さした後 目の瞳孔が開く

検査結果は

今回左目の検診がやけに長かったので、もしかして視界が欠けてる部分がでたのかと思い、かなりビビってしまいましたが、
現状では視野検査をしてみても、視野が欠けてる部分はないとのことでしたし、
眼底検査での細胞の厚みも特に前回とはかわらないとのこでした。

最後に

目の病気って、考えているだけでも恐ろしくなります。
緑内障は、少しずつ視野が欠けていく病気ですので、なってもあまり気がつかない病気です。
だからこそ、毎年この検査はしようと思っています。

ちなみに私、飛蚊症もあります。
目の病気 飛蚊症が結構ひどいので失目でもしないかと気になりだした件
以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

さいたま市の中古家具・家電の買取販売店「リサイクルショップ宝島」で店員をやってます。 パソコン、Web 大好き人間です。 中古家電、家具の販売買取は当店まで。 店内の様子はこちらから!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする